<

食事

筋トレ後のサラダチキンは自分で作ろう

皆さんこんにちは!あきひろです。

  • 美味しくて簡単にサラダチキンを作れる方法を知りたい!
  • コンビニのサラダチキンは高い

 

こんな声にお答えします。

 

本記事の内容

  • コンビニのサラダチキンは高い
  • サラダチキンの作り方
  • 低音調理器はbeemyiとAzrstyがおすすめ

  • 低温調理器を使用する際に抑えておくポイント

 

作り方はカップラーメンのお湯を注ぐくらい簡単で、どんな不器用な方でも作れます。

 

また、鶏むね肉を使った料理は「鶏むね肉のそぼろ丼はタンパク質たっぷりで作り方も簡単」でもご紹介しています。

 

気になる方はこちらもご覧ください。

 

コンビニのサラダチキンは高い

  • コンビニサラダチキンの一個当たりの値段
  • サラダチキンを自分で作るとどれくらいの値段か

まずは、サラダチキンを大手コンビニ同士で比較していましょう。

 

コンビニサラダチキンの一個当たりの値段

コンビニサラダチキン一個当たりの値段はこんな感じです。

  • セブンイレブン 味プレーン 税込213円
  • ファミリマート  味淡路島藻塩 税込258円
  • ローソン     味プレーン 税込238円

 

そして、サラダチキンを一日一個365日買い続けたらどのくらいの費用になるでしょうか。

  • セブンイレブン 213円×365日=77,745
  • ファミリマート 258円×365日=94,170
  • ローソン    238円×365日=86,870

 

では次に、サラダチキンを作った場合の費用を見てみましょう。

 

自作サラダチキンの値段

  • 鶏胸肉は業務用スーパーで2㎏1,000円弱
  • その他の材料は調味料(数百円)
  • 低温調理器(約1万円)
  • ジップロック(1,000円弱)
  • 専用の鍋のみ(1,500円程度)

 

低温調理器でサラダチキンを作るとして、かかる初期費用は約13,000円程度です。

 

そして、実際に作るサラダチキンはいくらで自作できるのか見ていきます。

 

そのためにはサラダチキン1g当たりを比較します。

  • コンビニは1個約110gで約213円なので、1g当たり「1.9円」
  • 自作は2㎏で1,000円なので、1g当たり「0.5円」

 

そして、自作サラダチキンをコンビニサラダチキン110g当たりに変換し、一個当たりの値段と一年食べ続けた場合を計算します。

  • 0.5円×110g=55円(1個当たり)
  • 55円×365日=20,075円(365日自作し続けた場合)

 

そして20,075円に先ほど計算した初期費用13,000円を加算し、合計して33,075円となりました。

コンビニサラダチキンと、自作サラダチキンの比較

それでは、各コンビニと自作との比較を下記の表でご覧ください。

値段 一個当たり 365日
セブンイレブン 213円 77,745円
ファミリーマート 258円 94,170円
ローソン 238円 86,870円
自作 55円 33,075円(初期費用込み)

いかがですか?

仮に低温調理器で自作したとしても、約40,000円~60,000円の差があります。

 

毎日サラダチキンを食べることはもちろん無いですが、コンピでタンパク質食品を買うと、これ位の差がでることが分かっていただけたと思います。

 

これで、調理方法がとても面倒なら価格と手軽さで、その値段差を感じませんが、低温調理器はとても簡単なので、その差を実感していただけます。

 

では、実際に低温調理器を使ってサラダチキンを作っていきます。

 

サラダチキンの作り方

  • 低温調理器でお湯を沸かす
  • 下ごしらえ
  • 調理

サラダチキンの作り方はこの3つでです。

低温調理器でお湯を沸かす

  • コンセントに低温調理器を挿す
  • 水をボックスに溜める
  • 設定温度を60度にする

これでお湯の準備は完了です。

そして、お湯を沸かしている間にサラダチキンの下ごしらえをします。

 

下ごしらえ

  • 鶏胸肉     数枚 (皮を取り除いたもののみ、260gから300g)
  • マジックソルト 適量(様々な味の付いた塩、スーパーに売ってます。)
  • オリーブオイル 大さじ 2杯
  • ジップロック  数枚

調味料はこれだけです。

step
1
ジップロックに鶏胸肉を入れる

step
2
マジックソルトとオリーブオイルを入れる

step
3
揉み込んで調味料を馴染ませる

 

  • 鶏肉はマジックソルトをあらかじめまぶしてから袋に入れたほうが味がまんべん無くつく
  • マジックソルト、オリーブオイルを揉み込見込んだ後、冷蔵庫で1時間寝かせる

 

これで、下ごしらえ終了です。

それでは、調理していきましょう

調理

step
1
準備した食材をジップロックのまま60℃のお湯に浸す

  • お湯につける際に、ジップロックの口を開けたまま食材を付けると、真空にできる

 

step
2
1時間、出来上がりを待つ

step
3
待っている間に筋トレする

胸、腹筋を追い込みましょう!!

step
4
完成

とっても美味しそう!見た目はコンビニサラダチキンのそのまんま

しっとりして、とてもジューシー。

 

鶏胸肉であることをわすれるくらい柔らかくなります。

 

冷蔵庫で一日保存してmこコンビニサラダチキンよりはるかに柔らかくて美味しいです。

 

低音調理器はbeemyiとAzrstyがおすすめ

僕がおすすめする低温調理器はbeemyiとAzrstyです。

 

低温調理器の機能はどれもほとんど同じで、特別な機能はありません。

そのため、決めるが難しいです。

 

ですから、他の製品にはないポイントで選択することをおすすめします。

低温調理器の比較

まず、Amazonで他の商品と比べてみましょう

製品名 保証期間 価格 備考
TDP-D45 12ヶ月 5,980円 チープで安すぎて不安
BOVIQ 12ヶ月 29,800円 カッコイイ
beemyi 24ヶ月 10,800円 保証期間が優秀
Sous vide 12ヶ月 17,800円 特別な特徴なし
Azrsty 24ヶ月 8,999円 値段、保証、レビュー三拍子

 

TDP-D45

  • 値段が圧倒的に安い
  • デザインがチープ
  • 長持ちするか不安

 

操作性も他の製品と同じで簡単ですが、デザインがちょっとチープで、保証期間も12ヶ月と普通。

 

そして、値段が安いので長持ちするかどうかがとても不安です。

 

とにかく安く済ませたい!、安いから壊れてもしょうがない!と思える方にはピッタリです。

 

AmazonでTDP-D45をみる

 

BONIQ

  • デザイン性が高い
  • 値段が高い
  • 他の低温調理器と何が違うのか分からない
  • 保証期間は12か月
  • 公式レシピサイトあり

 

低温調理器で一番有名なのはBONIQです。

 

見た目がカッコよくスタイリッシュでお洒落なキッチンにはピッタリなデザインですが、機能面に関して他の調理器具と違いはありません。

 

とにかくデザイン性優先で値段を度返し出来る方にっては一番のおすすめですが、高いのに他の製品と比べて保証期間が短いのがデメリットです。

 

Amazonで現在BONIQは中古品の取り扱いしかありません。

 

低温調理器を中古というのは衛生的にもおすすめしません。

 

beemyi

  • 1万円程度で購入できる
  • 保証期間が24ヶ月と長い
  • レシピブックがない

 

僕が使っている低温調理器で、2番目におすすめします。

 

値段も約10,000円程度と手が出やすく、一番の魅力は24ヶ月間の保証期間です。

 

低温調理器で作れるレシピ本が付いていれば満点でしたが、ついて無かったので少しマイナスとします。

 

僕自身は使っていて、全く不自由しないし、LINEによるカスタマーサポートもあるので、何かあっても安心しています。

 

Amazonでbeemiyの低温調理器を調べる

 

Sous vide

  • 2万円弱
  • 保証期間が12ヶ月
  • レシピブック付

 

これといって特徴が少ない低温調理器です。

保証期間も12ヶ月で他の低温調理器と同じですが、レシピブック付きなのは嬉しいです。

 

ただし、値段が20,000円程度するので、それなら次に紹介するAzrstyの方が価格、保証、レビューと全ての面で上回っています。

 

AmazonでSous videの低温調理器を調べる

 

Azrsty

  • 24ヶ月保証(2年保証)が付いているから
  • 8,999円で購入できる
  • レシピブック付
  • Amazonベストセラー

 

低温調理器で一番のおすすめです。

 

8,999円の安さと保証期間が魅力で、保証期間は多くの低温調理器の中で最長の24ヶ月です。

 

安いけどチープ感も無く、Amazonベストセラーにも選ばれています。

 

そしてこの価格帯では珍しいレシピブックがついてるので、即調理可能で、より初めての方向けの低温調理器です。

 

AmazonでAzrstyの低温調理器を調べる

 

低温調理器を使用する際に抑えておくポイント

  • ジップロックなどの食材を保護する袋が必要
  • 水を浸すボックスや鍋の深さが16cm以上必要

低温調理器を使用する場合、抑えておくポイントは2つあります。

ジップロックなどの食材を保護する袋が必要

低温調理器を利用するためには、食材をお湯に付けないで温める袋が必要です。

 

ジップロックは90枚で1,000円前後で購入出来ますので、1枚10円ちょっとです。

 

食品だけではなく、ちょっとした物を分けておく為にも便利ですよ。

 

Amazonでジップロックを見てみる

 

水を浸すボックスや鍋の深さが16cm以上必要

低温調理器は立てた状態で使用します。

そのため、ある程度のタッパのある鍋もしくはボックスが必要です。

 

今ご自宅に深さ16㎝以上の鍋がある方なら不要ですが、僕は低温調理器ようにBOXを購入しました。

 

これなら、鍋を占領されないので、他の調理をしている際、同時に低温調理器を使用できます。

 

Amazonで調理ボックスを見てみる

 

まとめ:筋トレ後のサラダチキンは低温調理器で作ると安い

いかがでしたか?

 

筋トレ後のサラダチキンはコンビニで買うより、自作した方が1年で見たとき40,000円~60,000円の差がでます。

 

ですから、毎日作ることができないにしても、たまに自作するだけで、経済的なメリットがとてもあります。

 

今はコロナの影響で極力出費を減らしたい時期なので、気になる方は一度試してみて下さい。

 

本日もありがとうございました。

スポンサーリンク

あきひろ

あきひろ

■会社員■NSCA-CPT/栄養士■副業パーソナルトレーナー■元川崎フロンターレユース■筋トレ歴1年6ヶ月、35歳で筋トレの世界ににドハマりしました。筋トレはボディメイクが注目されていますが、元々は【運動】なので健康になるために行うものです。ガチのボディメイクだけではなく、健康な身体になりたい!カッコイイ体になりたい!食べすぎてお腹が出てきたらお腹を引っ込めたい!そんな一般的な悩みに寄り添ったトレーナーになりたいです。

-食事

Copyright© あきひろの筋トレブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.