<

本業・生活・趣味

【2020年宅建試験】は民法改正で独学危険!それでも合格する方法

皆さんこんにちは!

不動産筋トレサラリーマンのあきひろです。

今日の記事はこんな方にオススメです。

こんな人にオススメ

・宅建試験に何度も落ちている方

・宅建試験に合格したい方

・時間を無駄にしたくない方

・昔から勉強が苦手な方

この記事の信頼性

・宅地建物取引士 一発合格

・不動産鑑定士 短答式試験合格経験あり

・専門卒で勉強が特別にできるわけでもない

・中学校の時の成績は120人中45位

・高校ではクラスで40人中20位

・不動産業界歴12年

この記事を読むと、宅建試験に合格する方法がわかります。

【結論】宅建試験はテキストを一冊にまとめて通信教育を使えば一回で合格可能

この方法を使えば誰でも合格できます。

中学高校と平凡な成績で大学にも通っていないぼくができたんです。

皆さんにできないことはないんです。

それに、宅建試験はそこまで難しい資格ではないんです。それを理解して下さい。

ただし、テキトーにやっていても合格しません。

きっちり段階を踏むことが必要です。まずは、宅建試験の概要について少しみていきます。

まずは敵のことをよく知る事も大切です。

既に分かっている方は読み飛ばして下さい。

この記事を読み終えたら、宅建試験合格への糸口が発見できているはずです!

宅建試験概要

・受験資格:だれでも受験可

・試験方式:4択マークシート

・問題数 :50問

・試験範囲:宅建業法、民法、法令上の制限、税金その他

・受験料 :7000円

・受験申込方法:郵送、インターネット

・受験申込期間:令和2年7月1日から7月15日(インターネット)

・受験申込期間:令和2年7月1日から7月15日(郵送)

・試験日:10月18日

・合格発表:12月2日

・合格率:約17%(2019年度、平均15%前後)

この試験概要をみてどう思いますか?

20%を切る難しい試験だと、勉強が苦手な方は特に思うかもしれませんが、実はそうでもないんです。

宅建試験の受験生はほぼ、不動産業者の方です。

ぶっちゃけて言うと、ほとんどの人は合格ラインにすら立っていない、

記念受験や会社から言われて嫌々受けている方、そして会社に行きたくないから受けている方ばかりです。

そのため、合格率が低くても全く気にしないで下さい!

これは本当です。

宅建試験はただでさえ、受験生の多い試験です。

言い方はキツいですが、ほぼ半数はすでに不合格が決まってるいる人だということを憶えておいてください!

次に、とっても大切な学習の環境について。

独学か通信教育か

一番の悩みごとですね。

これは、皆さんの性格にと費用に応じて決定する必要があります。

独学が向いている人

・自分から進んで勉強できる人

・不明なことは自分でググれる人

・限りなく費用を掛けたくない人

独学を目指される方は基本的に元から勉強が嫌い、もしくは苦手な方は少ないです。

独学は自ら勉強スケジュールを決めて、進んで調べる。こういう方は基本的に勉強が得意です。

それでも、勉強が苦手な中、独学を目指されるのなら、相当な覚悟が必要です。

独学のメリットは費用が参考書と問題集程度の高くても1万円程度の出費で済んでしまうこと。

一人で勉強するので、孤独の中で勉強する忍耐力が大事になってきます。

通信教育が向いている人

・勉強スケジュールを自分で立てられない人

・勉強の仕方が分からない人

・通信教育を100%信用できる人

・ちょっと早くお金を掛けてもいいから1年で絶対受かりたい人

僕がこのパターン。

昔から勉強スケジュールを自分で立てるのが苦手で、どんな風に勉強したら良いか分からない。

とにかく何から始めたらいいかわからないんです。このような人は絶対に通信教育をオススメします。

勉強方法は通信教育のカリキュラムに沿ってやるだけだからです。

「勉強が苦手な人がお金を掛けないで独学で勉強し合格できずにもう一年費やす」のと、

「少しお金を掛けて1年で合格し、新しいことを始めたり仕事に活かす」

どっちが皆さんは良いと思いますか?

さて、ここからは勉強方法についてです。

勉強方法(独学、通信教育共通)

テキスト(参考書)、過去問題集

step
1
テキストを1回読む

1回目は分からない箇所は分からないままでOK

宅建試験は、宅建業法、民法、法令の制限、税金その他と4科目あるので、1科目だけ1回読む

step
2
過去問をとく

1科目読み終えたらいきなり問題をときます。

ここでは問題がほとんど分かりません。それでいいんです。

分からない箇所はマークしたり、付箋を貼ったりしてチェックしておいてください。

step
3
もう一回テキストを読む

一回目には全然わからなかった文章が少し分かってきます。これでOKです。

step
4
また同じ過去問をとく

これもさっき全く分からなかった問題がほんの少しだけ分かるようになっています。

そして、これを何度か繰り返します。

「なんだよステップ1とステップ2を繰り返しているだけじゃん」、

「こんなんで覚えるわけねぇだろ」

って思いませんでしたか?僕もそう思いました。

でも、覚えました。そして合格しました。

テキストに全ての情報を書きとめ、勉強する本を1冊に固定する(テキスト1冊法)

 

さっきの工程をしていくうちに、あることに気づきます。

テキストに出てきていない問題が過去問題集に出ていることを。

そこでこんなことをします。

過集去問題集に出てきている「答えとなる文言や意味」をテキストに書き入れる

これで、テキストに出てきていない問題を過去問題集でカバーすることができます。

この作業がとても大切です。

資格試験は戦略が命

合格するためには、「いかに効率よく勉強するか」が大事なんです。

あちこちに情報が散りばめられていては、探すのだけで一苦労。

だから、過去問題集の内容をテキストに書き写して、「一冊のテキスト」を絶対に作りましょう。

基本的な勉強はこれだけです。

先ほどのステップとこの「テキスト1冊法」をやっていれば、そのうちテキストのどこに何が書いてあるか、

自然と覚えてきます。テキストもたくさん見ると、跡がついて、そこだけ開きやすくなったりします。

できるだけ早く過去問題集や模擬テストに挑戦する

特に学の人はある程度1科目が理解できたと感じたら「少しでも早く新しい過去問」に挑戦してください。

はじめは全く見たことのない問題で全く解けないません。勉強を始めた頃のように。

出来なくて当たり前なんです。

出来ない問題があるということは、まだ知識が定着していないか、問題を別の角度から出題されて解けないだけです。

だから、また「テキスト1冊法」に戻って、分からない問題をテキストに書き入れるんです。

これで、新しい問題もカバーできます。

そうやって、いろんな問題をとくことで出来ない問題を潰していくんです。

過去問題集はどんどん挑戦してください!大体、2冊から3冊購入すれば大丈夫です。

また、予備校でテスト直前に開催される「模擬試験」も積極的に受験しましょう。少しでもテストの雰囲気に慣れていくことで、本番でのケアレスミスを防げます。

通信教育の勉強スケジュールについて

信教育の人は、出されたスケジュール通り勉強するようにしてください。

新しい問題も模擬テストも、彼らの「スケジュール通り」に行うことが大切です。

通信教育では、ここで「過去問題集をやって下さい」とか「模擬試験をやってください」

とか、必ず明確にしてくれます。

我々のような資格試験の素人がオリジナルで考えたスケジュールよりも、

はるかに分かりやすく、身に付く方法なのです。

絶対に従うようにしてください。

これで、本当に受かりますよ!

模擬試験には積極的に参加する

宅建試験前には必ず各予備校で模擬試験が行われます。

最低でも一回は模擬試験を受けて、本番に近い雰囲気を味わっておくことが必要です。

テストの雰囲気になれるだけで、本番で余計な緊張もしなくなるし、ケアレスミスも防げます。

重要科目についてのアドバイス

宅建業法を制するものは宅建試験を制す

宅建試験問題の全50問のうち、宅建業法に関する問題は「20問」

4割が宅建業法なので、この宅建業法で点数を稼げば稼ぐだけ合格が一気に近づきます。

そして次に民法が全50問のうち「14問」

この2科目だけでおよそ6割の問題がカバーできます。

この2科目を満点取るつもりで集中してください!

ここで全体の5割を取れたら合格はもう目の前です

独学は危険!今年は100年に一度の「民法大改正」絶対に通信教育にすべき!

今年の4月に100年間変更されていなかった「民法」が大幅に変わます。

民法は宅建試験において、2番目に多く出題される大事な科目ですが、

問題の難易度は一番高いです。

民法は暗記ではありません。理解することが大切です。

それに、不動産実務でも売買契約書の変更で大変なくらいなので、どんな問題が出てくるのか予測不可能。

ここで質問です。

独学の方は不動産のプロでも難しいこの民法改正に対応できますか?

もし民法で失敗してテストに落ちても後悔しませんか?

もし落ちたらもう一年やり直しです。絶対に後悔しないようにしましょう。

通信教育にオススメの予備校

通信教育はたくさんあります。

資格大手のTAC、LEC、日建学院、大原、ユーキャンなど、さまざまです。

予備校名 価格 教育ローン
TAC 89,000円~206,000円 あり(金利あり)
LEC 101,000円~198,000円 あり(金利あり)
日建学院 110,000円~250,000円 あり(金利あり)
ユーキャン ※63,000円 分割払い(金利なし

※分割払いの場合は、合計63,680

大手予備校で特にTAC、LECは司法試験や公認会計士、不動産鑑定士などの難関資格を得意としている予備校で、

日建学院はTACやLECがカバーしていない建築系の資格を得意としている予備校です。

3つの予備校とも値段が値段だけにテキスト、過去問題集、模擬試験対策などもしっかりしています。

確率を限りなく100%に近づけるならTAC、LEC、日建学院もありです。

これに対してユーキャンはどうでしょう。テレビでも一番見かけるのではないでしょか。

芸能人が良くCMで「資格とりましたぁ」なんてやってますよね。

ぼくがオススメするのはユーキャンです。

次にその理由についてふれていきます。

通信教育ならユーキャンをおすすめする理由

おすすめする理由

・コスパが高い

・分割払いにしても利息がかからない

・テキストが優しい、初学者向け

・他の予備校はテキストの数が多すぎるし、DVDなどの余計なものがついていない

・一般教育訓練給付制度で学費が20%返還される

・赤ペン先生もある

コスパが高い

これ以上の金額は取れられません。

必要であればDVDなどの販売もありますが、

あくまでもオプションなので、必要なければ頼まなければいいんです。

他の予備校は結構な値段なので、その分ボリュームも多いです。

分轄にしても利息がかからない

他の予備校は分割払いにすると「教育ローン」となります。

そうすると支払いに利息がかかってきますが、

ユーキャンは一括払いと分割払いのみで一切利息なし。これも嬉しい。

テキストが優しい・初学者向け

テキストはどの予備校も研究していて分かりやすいですが、

一番分かりやすくて、初心者に優しいのはユーキャンです。

テキストが優しいことは勉強が苦手な人にとってはめちゃくちゃありがたいこと。

勉強が苦手な人や初学者はテキストが大量にあるだけで「拒絶反応を起こす」だけです。

テキストの量も少なく、DVDなどの余計なものがついていない

こんな言い方は合格を目指している皆さんに申し訳ないのですが、

宅建試験は10万、20万なんてかける資格では無い」です。非常にもったいないです。

僕は「ユーキャン」で合格しています。

一般教育訓練給付制度の利用で最大20%が返還される

ユーキャンも大手資格予備校と同じように一定条件を満たすと一般教育訓練給付制度の利用できます。

これにより、実質負担額減り、さらに安く通信教育をスタートできます。

赤ペン先生もある

子供の頃、くもんで学習していた方は経験があるかと思いますが、ユーキャンから出された課題を提出する際、

しっかり講師が手書き赤ペンで答案をチェックしてくれます。

通信教育は独学に近く、孤独との闘いです。

自分が現在どれくらい理解しているのか、

目安にもなりますので、勉強の励みになり、モチベーションの維持できます。

【受験の心構え】覚悟をきめること

この項目に当てはまった方は今年の宅建試験で一発合格ができる可能性大です。

・試験まで数ヶ月の間、毎日2時間勉強を頑張れますか?

※遅くなればなるほど一日の勉強時間が増えます。これをみて始められますか?

・試験までの数ヶ月の間に飲み会の数を減らせますか?

※これを見てからすぐ行動

・試験までの数ヶ月の間に大切な人との時間を少し減らことはできますか?

※大切な人にカミングアウトする

どうですか?当てはまりますか?

当てはまらない方はまだ覚悟が足りません。

「できる!」と即答していた方は大丈夫です。

何度も言いますが、「テキスト1冊法」を使えば必ず合格できます。

宅建試験に合格方法のまとめ

・宅建試験は1回で合格が可能

・テキスト一冊法を使う

・過去問題や模擬試験に積極的にチャレンジする

・宅建試験は宅建業法と民法で6割をカバーできる

・今年は民法大改正により、独学が危険、通信教育の方が受かりやすい

・通信教育はユーキャンがオススメ

・覚悟を決めること

まず宅建試験は一回で合格できる試験だと思い込むこと。

そしてテキスト一冊法を使いながら、通信教育を使って自分のペースで勉強する。

宅建試験は超難易度のテストではありません。

独学でも合格している人はたくさんいます。

でも、僕は「テストに不合格だった時間」がとても無意味だと感じたので、通信教育を選択しました。

今では一発で合格できたのは、まぎれもなくテキスト一冊法と通信教育のおかげです。

本日も最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

あきひろ

あきひろ

■会社員■NSCA-CPT/栄養士■副業パーソナルトレーナー■元川崎フロンターレユース■筋トレ歴1年6ヶ月、35歳で筋トレの世界ににドハマりしました。筋トレはボディメイクが注目されていますが、元々は【運動】なので健康になるために行うものです。ガチのボディメイクだけではなく、健康な身体になりたい!カッコイイ体になりたい!食べすぎてお腹が出てきたらお腹を引っ込めたい!そんな一般的な悩みに寄り添ったトレーナーになりたいです。

-本業・生活・趣味

Copyright© あきひろの筋トレブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.