<

YouTube 筋トレ 腹筋トレ

腹筋回数は10回でも十分に追い込める

皆さんこんにちは!あきひろです。

 

・腹筋は何回もやるのがしんどい、面倒くさい

・自宅で簡単に出来て、それなりに負荷をかけられる腹筋トレが知りたい

 

こんな疑問にお答えしていきます。

本記事の内容

・腹筋は10回で十分追い込める

・腹筋も他の部位と一緒だということを理解する

 

この記事を書いている僕は、筋トレをド素人からスタートして、1年でそれなりにバキバキに割ることができたので、初心者の方にとっては、信頼性はかなり高いです。

関連記事
筋トレド素人35歳が1年で体を劇的に変化させた筋トレメニューと体の変化

皆さんこんにちは!あきひろです。 筋トレ素人が一年でそんなに変わらないでしょ? 初心者が実践した筋トレメニューが知りたい ...

続きを見る

腹筋は10回で十分に追い込める

・腹筋は回数ではない

・腹筋は強度が大切

理由は主にこの2つです。

それぞれ説明していきますね。

腹筋は回数ではない

・腹筋は何十回、何百回できたところで、あまり意味はない

普通、どんな筋トレ部位でも何十回、何百回も連続で動作できることはありません。

 

腹筋が何回も出来てしまう理由は以下の通りです。

・反動で動作してる

・ゆっくり動作していない

・可動範囲が明らかに狭い

こんな理由ががあるため、腹筋に負荷が乗っていません。

 

腹筋を低回数で追い込むには逆のことをすればいいんです。

・反動で動作しない

・ゆっくり動作する

・可動範囲を広くする

 

いくら高回数をやったところでただの自己満です。

 

絶対に回数だけで満足するのはやめましょう。

 

腹筋も強度が大切

・回数ではなく、重さで負荷を変える

腹筋は回数に目が行きがちですが、もっと大切なことは負荷を載せることです。

 

だから、何もない状態で10回が慣れてきたらプレートや何か2、3㎏の物をもってやるだけでも全然違います。

 

これだけで、腹筋の発達も変わってきますよ。

 

腹筋も他の部位と一緒だということを理解する

・収縮、伸展(ストレッチ)、ゆっくり動作

・腹筋も負荷を掛けないと慣れる

腹筋はこの2点が全てです。

収縮、伸展(ストレッチ)、ゆっくり動作

腹筋も当たり前だけど筋肉なので、他の部位と一緒です。

 

・腹筋を収縮させるときは腹筋を縦に潰す

・腹筋を伸展させるときは伸び切るまでギリギリまでストレッチ

・収縮、伸展にそれぞれ3秒~4秒かける

 

これを意識するだけで、同じ腹筋種目でも負荷の入り方がまるで違うし、意識しないと全く意味がありません。

 

収縮、伸展(ストレッチ)、ゆっくり動作を最も意識しやすい腹筋運動は「椅子」を使った腹筋運動です。

 

「椅子」を使った腹筋運動はこんなところがおすすめです。

・収縮の際に腹筋を縦に潰しやすい

・腹筋を180度以上ストレッチできる

 

めちゃくちゃきついので最初は10回やっただけで、次の日は強烈に筋肉痛になります。

youtubeに動画をアップしましたのでみてみて下さい。

 

腹筋も負荷を掛けないと慣れる

先ほどもありましたが、腹筋も他の筋肉の部位を一緒です。

 

だから、ギリギリ10回出来る動作になれてしまったら、そのまま回数を増やすのではなく、どんどん重さで負荷をかけていきましょう。

 

腹筋回数は10回で十分に追い込める:まとめ

いかがでしたか?

腹筋は何回も行うものではなく、重さで負荷を増すこと、そして、収縮、伸展(ストレッチ)、ゆっくり動作をすれば、10回でかなり追い込むことができます。

 

意識するだけで、いつもの腹筋を少ない回数で、負荷を乗せられるので、とても効率良くなります。

 

ぜひ、ご自宅でやってみて下さい。

本日も最後までありがとうございました。

スポンサーリンク

あきひろ

あきひろ

■会社員■NSCA-CPT/栄養士■副業パーソナルトレーナー■元川崎フロンターレユース■筋トレ歴1年6ヶ月、35歳で筋トレの世界ににドハマりしました。筋トレはボディメイクが注目されていますが、元々は【運動】なので健康になるために行うものです。ガチのボディメイクだけではなく、健康な身体になりたい!カッコイイ体になりたい!食べすぎてお腹が出てきたらお腹を引っ込めたい!そんな一般的な悩みに寄り添ったトレーナーになりたいです。

-YouTube, 筋トレ, 腹筋トレ

Copyright© あきひろの筋トレブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.